【AP】業務で使うタイプのWi-Fi

概要

仕事とプライベート、合わせて30台以上Wi-Fiルータ/アクセスポイントを使ってきました。
安定した無線ネットワークを構築する観点でWi-Fiまわりについて、遭遇したケースを記事に残します。


設計段階の話

次の場合は無線ルータではなく、アクセスポイントを2台以上導入します。
・20台以上接続する予定がある
・飲食店やコワーキングスペースで不特定多数が使う用途で導入する
・別のネットワークがある(自宅で使わない)

多くのメーカは、同時接続台数50台などと申告していますが、これは嘘です(図1)。

図1.同時接続台数の例

理論値50台なら、実際はその4割、この場合は20台くらいで見積もっておくと良いと思います(それを超えるとSSIDが消滅したり極端に通信速度が落ちたりと、正体不明の不具合に悩まされることになります)。

不特定多数の端末が接続する場合、2台以上のAPを併用するか、場合によってはフリースポット製品を使うらしいです(図2)。大抵は前者で何とかなります。

図2.Buffalo FS-S1266

SSIDが消滅する不具合が起きているときは、接続台数が多すぎる(AP1機に40台とか接続してたりする)ケースをまず疑うべきです。それから、電源ケーブル・機器故障と検査していくと良いです。

さらに、SSIDは出ているのに通信不能になってしまう不具合の9割は
①電波干渉(Wi-Fi Analyzerで見ると周波数が被ってる)
②LANケーブル抜けてる
の2パターンです。

特に②のコンセントが抜けているケースですが、小型のタコ足配線だと余裕でプラグごと抜けてたりします。本当です。


無線ルータ

無線ルータについて一言触れさせてください。ルータと言って多くの人が思い浮かべるのはこちらで、メーカごとに結構差があります。

各メーカについて所感をまとめておきます。内容はあくまで私の意見であって、職場や業界を代表するわけではありません。

・Buffalo

(業務用のAirStation Proに関しては)無線技術が優れています。

図3は現場で見かけた機械です。Wi-Fi6 (802.11ax)に対応しており、実測で400Mbpsが出ていました。

図3.Buffalo WXR-5700AX7S

しかしながら、ファームウェアに不具合が多く、私が発見しただけでも
・PS4を接続して「接続チェック」を行うと無線が止まる(修正パッチが配られているのに直っていない)
・再起動しないで使い続けると無線が止まる
などの不具合がありました。

既存のネットワークで使っている場合でも私なら入れ替えます。
Buffaloのルータは概してファームウェアに不具合が多く、現場で導入するのは厳しいと思います。

・tp-link

中国のメーカです。比較的安価だと思います。オススメはしません。

Wi-Fi6 (802.11ax)に対応している図4の機器(tp-link ax73)を導入したことがあります。

図4.tp-link ax73

この機器にもやはり不具合があり、同メーカの他の機器も含めて、

・W53/W56のチャンネルに固定して使っているときにレーダとの干渉を検知すると、自動的にW52に移行し、その後自動的にはW53/W56のチャンネルには戻らない。
・何かのタイミングで、W52のチャンネルに勝手に移行する(しかも戻らない)

という不具合(規格不適合)を見つけました。W52のチャンネルをPOSシステム等で固定で使うことが多い飲食店では避けざるをえません。


この不具合を指摘したところ、図5のように回答頂きました。(そもそも気づく人も少ないと思いますが)同不具合が原因なら返品しても構わないとのことでした。

図5.電波不具合に関する問い合わせ


・Elecom

とにかく安いですが、業務で使うのは論外です。

かつて、図6のWRC-1167を使っていたのですが、

図6.Elecom WRC-1167GHBK-S

筐体が爆熱である上に、排気用のファンから香ばしい匂いがしており、しかも時々Wi-Fi接続がブツブツと切れるという3連コンボでした。

先日買ったUSBハブ(U3H-A408S)もドライバが配布されておらず、Windows Server2019、Windows10、Ubuntuのどれでも認識されませんでした。

業務で使うのは論外です。


・NEC

Atermシリーズを展開しています。
図7の機器(Aterm WG1800)を実家で使っていました。

図7.NEC Aterm WG1800

とくに大きな不具合もありませんでした。11n規格までのWi-Fiルータを購入するなら、このメーカのものを勧めます。

Wi-Fi 6対応のルータに関してはリリース直後、ファームウェアの不具合が多く報告されていましたが、今は改善されていると思います。

同社のUNIVERGEや、日立のL2スイッチは文教向けで導入されているのを見たことがあります。

・Logitec

買うな。現場からは以上です。

・コレガ

界隈だと、ウンコレガなどと呼ばれています。Elecom、Logitec、コレガ、プラネックスを合わせて四天王などと名付けられています。

・PLANEX

旧PCiです。これも界隈だと、プラネックソなどと名前が付けられています。安い点だけが優れています。
残念ながら、その名を払拭する製品はありません・・・

かつて、同社のs0016ffを使っていましたが、パスワードを忘れると本体を初期化出来ず、文鎮と化してしまう点が致命的でした。

PLANEX:PRODUCT:HUB:10M/100M:S-0016FF
図8.PLANEX s0016ff

・ASUS

IEEE802.11ac以降の製品を購入するのであれば、このメーカのものを勧めます。
一時期ノートパソコンのセキュリティが問題になっていましたが、このブログを読んでいるレベルの人なら問題なく使えると思います。



アクセスポイント

最近だと、メッシュWi-Fiという選択肢もあるのですが、SOHO(Small Office / Home Office)の構築をよくしていたため、予算と保守の都合でアクセスポイントを選んでいました。

各社の製品の様子もメモします。

・YAMAHA

同社のRTXシリーズとの相性が良く、使用中のスイッチやアクセスポイントを自動でまとめてくれるスイッチ制御が使いやすいです(図9)。

図9.スイッチ制御機能

実務では、WLX302(図10)やWLX313を使う機会が多かったです。自宅でもWLX302を使っています。
中古品も故障が少なく(9台に1台くらい)、買った後も5年くらい使っても壊れないので個人的には一番信頼しています。

図10.YAMAHA WLX302

若干値段が高い点が欠点で、慣れるまで不良品の故障が(どこが壊れているのか)分かりづらいです。

サポートがとても親切です。


・Buffalo (AirStation Pro)

文教向け(高校/大学)でよく採用されているのを見かけます(図11)。
法人の事務所でも使われているところを見たことがあります。

とにかく設定が簡単で(家庭用に近い操作感です)、バリエーションも豊富です。
価格も手頃です。

図11.Buffalo AirStation Pro WAPS-AG300H

なぜかBuffaloの製品は、時々調子が悪くなって再起動するケースが多いように思います。製造ロットによるものか、購入時期によるものかは分かりませんが、機器やアンテナを交換したら改善したケースも頻繁にありました。

全く関係ありませんが、同製品を利用した「ギガらくWi-Fi」というサービスが某社から提供されていたものの、速度が遅くて乗り換えたのでした・・・

・Cisco (Meraki)

試したことがないので、良いか分かりません。

Ciscoの製品はCLIで設定するタイプが多いです。



国産だと、ICOMが良いと聞きます。他にもNetGear, Juniperも無線機器を販売しています。
私自身、業務用アクセスポイントについては、まだ詳しい状態ではないので、今後も記事の内容をアップデートしていくことになると思います。

作成者: rarafy

2013年くらいからUnityを触っているかもしれません。 特に書くこともありませんが、趣味は部屋の掃除です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です