【YAMAHA】ルータ設定(Softbank Air)

ことの始まり

あるところで、自宅のインターネットにSoftbank Airを使っていました(2回目)。

図1.Softbank Airのアレ

しかし、問題が発生しました。機器の頑張りが足りず、ルーティングが上手く出来ないのです。
そこで、Softbank Airの直下にYAMAHAのルータを置き、その下にパソコンをつなげることにしました(図2)。

図2.運用環境


構成

・SoftBank Air (192.168.3.1/24)

|LAN2 (192.168.3.200)
・YAMAHA Router (192.168.100.1/24)

ルータはYAMAHA RTX1200です。LAN2にSoftbank Airの線を、LAN1には内部ネットワークの端末を色々挿していく感じにします。


手順

・コンソールアクセス

なんとかしてコンソールにたどり着きます(図3)。

図3.管理画面

“運用サポート機能>保守>コマンドを入力” と進み、コマンドを入力します。


・デフォルトルートの設定

どんなパケットも必ずSoftbank Airを通るようにします。対応していないIPv6も切断します。

ip route default gateway 192.168.3.1
ipv6 routing off


・IPアドレスの設定(LAN1/2)

LAN1とLAN2のIPアドレスの変換を行うNAT機能も有効にします。

# IPアドレス
ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan2 address 192.168.3.100/24
# NAT
ip lan2 nat descriptor 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
nat descriptor address inner 1 auto
nat descriptor masquerade incoming 1 reject


・DHCPサービスの起動

固定IPには、ルータ側で設定するもの(DHCP)と、ホストPCで設定するもの(静的IP)があります。
192.168.100.3~192.168.100.6はDHCP、192.168.100.192~192.168.100.254は静的IPで固定IPとして運用します。


dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.3-192.168.100.191/24 expire 2:00
dhcp scope bind 1 192.168.100.3 ethernet a0:78:17:81:fd:94
dhcp scope bind 1 192.168.100.4 ethernet 52:a7:4f:5e:33:9b
dhcp scope bind 1 192.168.100.5 ethernet 18:c2:bf:b0:66:ef
dhcp scope bind 1 192.168.100.6 ethernet 34:97:f6:a0:bd:2b


・DNSサーバの指定

dns service recursive
dns server 8.8.8.8 8.8.4.4
dns private address spoof on


・時刻の設定

時刻を自動で取得するよう設定し、config0にデータを保存します。

schedule at 1 */* 06:00:00 * ntpdate ntp.nict.jp syslog
save



以上で設定は終了です。お疲れ様でした。



Ciscoのルータも使うことができます。設定例を【Cisco】ルータの設定(Softbank Air)に載せています。

作成者: rarafy

2013年くらいからUnityを触っているかもしれません。 特に書くこともありませんが、趣味は部屋の掃除です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です