【Unity】スクリプト編集後のUnity Editorの読込が異常に長い不具合を直す

問題

Visual Studioでスクリプトを編集して、Unityエディタに戻ると1分くらいロードが入る。

何年か観察して気付いたのだが、この事象は、Libraryフォルダの容量が2GBを超えたあたりで発生する。プロジェクト全体の容量が数十GBを超えるとロード時間が更に伸びる。

本不具合は Unity 4.x の頃から直っていない様子である。


解決

Unityエディタを終了して Library ファイルを削除(図1)。

図1.Libraryフォルダを削除

削除が完了したら、そのままプロジェクトを再起動すれば修復完了。


削除が完了せず、「別のプログラムがこのフォルダまたはファイルを開いているので、操作を完了できません。」と出た場合は別の対応が必要(図2)。

Q&A「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません」 | コンピュータケア愛媛ブログ
図2.リソースを占有されてしまった状態

① Win+R で 「ファイル名を指定して実行」を開く
② “resmon” と入力してEnter
③ リソースモニターが起動したら、ウィンドウ上部にある「CPU」タブを開く
④ 「関連付けられたハンドル」をクリックして展開
⑤ 「関連付けられたハンドル」の「ハンドルの検索」に、削除できないファイルまたはフォルダの名前を入力
例: “cmc.dll” というファイルが削除できない場合は “cmc.dll” と入力。
⑥ しばらく待つと、検索結果の一覧の「イメージ」列に、ファイルを使用しているプロセスが表示される
⑦ 表示されたプロセスを右クリックして「プロセスの終了」を選択。複数ある場合は全部終了。

ここまで終わったら、プロジェクトを再起動。



適当なシーンを開き、無事開けたら作業は終了。Visual Studioが起動してしまう場合は次ページの操作で修復。

作成者: rarafy

2013年くらいからUnityを触っているかもしれません。 特に書くこともありませんが、趣味は部屋の掃除です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。