【電源】誤家庭のサーバ電源/電力について

概要

拙宅では単相二線式で100V, 20Aで電気の契約をしていました。明らかに2000VAで電力量が不足していたため、電源周りを見直しました。

ポイントは以下2点です。
・電力(電力会社→自宅)
・宅内配線

最近はウクライナ侵攻の関係で全国的に電力不足が取り沙汰されているようです。2022年4月現在、札幌は電力不足の影もありません。さすが試されすぎた大地、北海道。もう雪かきは嫌だ

図1.北電の株価。東京電力と見比べるといかに北海道電力が安定しているか分かるはずです。
図2.東電の株価。参考まで。東電さんは個人的に応援しています。



A. 電力の見直し

まずは電力の見直しです。

結構電気を使うので小売電力事業者を、北海道電力→Looopでんきに変更して契約しました。どれくらい大量かというと、月に “950kWh”、金額にして30,000円の請求が来ます。

図3.3月及び4月の電気料金

小売電力事業者の変更

これはLooopでんきに電話して、申し込めば後は勝手にやってくれます。北海道電力に連絡も業者さん側でやってくれます。

使う電気量にもよりますが、北海道電力と契約していた時と比べ、およそ4,000円安くなりました。大量に使うユーザほど乗換時の値引き幅は大きいはずです。



契約電気量の変更

ご家庭によってはこの辺で苦労するかもしれません。

まずは家庭にある分電盤を確認し、契約電力量を変更できるか(いわゆる電流制限器「親ブレーカ」を取り外せるか)を見極める必要があります。

図4.分電盤(カバー有)

蓋を開けてみましょう(図5)。左が電流制限器、右が配線用遮断器です。

図5.分電盤(カバーを開けたところ)

赤枠のところに漏電ブレーカが無いので、このタイプは30Aに変更できません。電気屋さんに連絡して漏電遮断器を付けてもらいます。

漏電ブレーカにも2種類あり、漏電保護+過電流遮断機能付きのやつ(赤ボタン)と漏電保護だけのタイプ(緑ボタン)があります(図6)。施工可能なのは前者が付いているお宅だけです。

図6.漏電保護、過電流遮断(北電ネットワークさんより)


補足:単相2線・単相3線・三相3線

多くの場合、単相2線式で流せる電気は3000VA以下で設計されています。中には単線2相式で3000VAより多くの電気を流せる回路もありますが、あくまで例外的です。4000VA以上流したい場合、「どうせ電柱から家屋までの線を張り直すなら単相2線式より良い」ということで、ほとんどの場合は単相3線式に変更することになると思います。

単2と単3の違いは図7に示す通りです。3本線があるのが3線、2本線があるのは2線。3線の場合はアースから200Vの電位差があります。

単相3線式と単相2線式の違い|一般の方向け|東京電力パワーグリッド株式会社
図7.3線(東電HPより引用)

単相3線のほか、三相3線というタイプもあります。これは産業扇を使ったりする場合の選択肢で電圧差が常に3本とも200Vのため、より多くの電力を伝えることができます(図8、図9)。

3相3線式とは】電気回路図、電流・電圧と損失電圧、電力の計算式
図8.三相三線(個人ブログから引用)
図9.三相三線の送電時のエネルギー(加美電子工業HPより引用)

最近は200Vで駆動する家電が増えてきたことから、最初から単3を引いている家庭もあるらしいです。


工事

次の手順で行います。

①電気屋さんを拝み倒して、漏電ブレーカを付けてもらう
②Looopでんきに電話して、電流制限器を外してもらう


※工事後の様子は後日アップ予定(2022.04.16)


B. 宅内配線の見直し

まず、一般家庭用のタコ足を使うと配線がオワリます。図10を見ると分かるように、何がどこに行ったか分からなくなります。そして大抵の場合、タコ足にタコ足を重ねることになります。

図10.ぐちゃぐちゃの配線

私もかつては「タコ足くらい平気やろwwヨシ!」などと思っていましたが、一番古い電源タップ(図11)を触ったら火傷しました。全然「ヨシ!」じゃありませんでした。大学の安全教育で習うと思いますが、タコ足を何個も繋ぐのは危険なのでやめましょう。

図11.一番古い電源タップ

拙宅の場合は業務用電源タップ(SANWA 19インチサーバーラック用コンセント 15A 18個口)を購入して使っています(図12)。12個口のモノもあります。

図12.業務用電源タップ

あとは電力を測りたいので、Weiduka AC8.8 パワーフィルタを買って、それに繋いで使ってます(図13)。

図13.パワーフィルタ

整流作用は必要ないですが、電圧と電流が別個に表示されるのが便利です。レビューにもある通り、電力を測れるのは回路Aの5口まで。接続デバイスは1500Wまでなので2台買って、それぞれ別の回路に繋ぎました。

ちなみに図13のパワーフィルタは海外製なので別途電源コードが必要で、家庭のコンセントが2ピンの場合は3ピン→2ピンの変換器も必要となります。

電圧と電流を分けず、単に電力を測りたい場合は数千円のワットチェッカーで十分だと思います。

配線整理後

カオスだったタコ足配線が片付きました(図14)。

図14.配線を片付けたところ

電源タップもサーバラック用のものに変えました。線名札も付けたので、もうコンセントの行先が分からなくなることもありません(図15)。

図15.電源タップの買換え

電源タップに繋ぐべきコンセントが25個くらいあったので助かりました。サンワさんありがとう。

取外した電源タップは7本ありました(図16)。マジでカオスです。

図16.取外した電源タップ

一先ずこれで、自宅サーバの電力周りが整ったことになります。次回はインターネット編(【回線】NEC+CiscoルータでHomeNOCに接続する)です。


参考

線名札の結び方|音響・映像・電気設備が好き – Amebaアーカイブ

作成者: rarafy

2013年くらいからUnityを触っているかもしれません。 特に書くこともありませんが、趣味は部屋の掃除です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。