【NEC】WindowsでUNIVERGE IX2105のファームウェアをアップデートする

概要

やむを得ない事情で中古で買ったUniverge IX2105(図1)とIX2215のファームウェアをアップデートしなければならなくなってしまったのですが、ネット上に公開されているアップデート手順を読んでも苦戦したのでメモしておきます。

NEC UNIVERGE IX2105 最新ファーム - メルカリ
図1.NEC IX2105

ネット上にFTPサーバを使えと書いている記事があります。あれは嘘です。私の環境ではファームウェアが古すぎてダメでした。


必要な機材とソフトウェア

作業にあたっては次の道具が必要です。
USB⇔RJ-45ケーブル図2
・TFTPソフト(本記事ではBJD)
・ファームウェア(NECとの保守契約で入手)

ファームウェアについて、私のように中古ルータを買って詰んでしまった人はネットに落ちてる申請書に記入し、しかるべき手順を踏めば入手できます。

KAUMO USB RJ45 シリアル コンソールケーブル FTDI チップ(Cisco Juniper などに対応) (1.8m ブルー) |  KAUMO | USBケーブル 通販
図2.USB⇔RJ-45変換ケーブル


手順

① LANインターフェースの設定

アップデート対象のルータにコンソール接続したら、GigaEthernetの設定を行います。既存ネットワークに接続してIPアドレスを取得します。

Router# conf t
Router(config)# int GigaEthernet0.0
Router(config-GigaEthernet0.0)# ip address 192.168.101.98/24
Router(config-GigaEthernet0.0)# no shutdown
Router(config-GigaEthernet0.0)# exit

デフォルトゲートウェイとパソコンに対してping疎通を確認してください(図2)。

図3.ping疎通を確認


② TFTPサーバの用意

TFTPソフトを入れて起動します。本記事ではBJDを使います。

インストールしたら起動して、オプション>TFTPサーバを選択します(図4)。

図4.TFTPサーバの設定を行う

設定は2パネルです。アクセス対象のフォルダを指定して、「読込」「書込」「上書」を許可します(図5)。

図5.基本設定

さらに、ACLも図6のように、「指定したアドレスからのアクセスのみを禁止する」に設定、利用者名とアドレスを入力して追加を押します。

図6.ACL設定

そしてOKを押すとTFTPサーバが立ち上がります(図7)。

図7.tftpサーバ起動


③ファームウェアの用意

図8のようにファームウェア(.rap)を適切な箇所に置きます。

図8.ファームウェアの配置(図では ” E:\Share “)


④アップデート操作

次のコマンドを入力します。

Router(config)# software-update tftp://192.168.101.2/ix2105-boot-19.1-gate-ms-10.2.39.rap

図9の結果が得られるはずです。

図9.アップデート成功

一応、show flash でアップデートしたファームウェアのStatusがN+になっていることを確認しておきます(図10)。

図10.起動用イメージの確認


⑤ 再起動と初期化

再起動します。

Router(config)# reload

これでファームウェアアップデートは完了です。

全データを消して初期化したい場合は図11に示すように Loading: ######… となっている途中で Ctrl+Cを押します。

図11.Loading

そして、cc と入力して全てを消し去った後、b で起動します(図12)。この初期化方法は管理者パスワードが分からなくなってしまった場合にも使えます。

図12.データ初期化

以上でファームウェアのアップデート(+初期化)は終了です。お疲れ様でした。

作成者: rarafy

2013年くらいからUnityを触っているかもしれません。 特に書くこともありませんが、趣味は部屋の掃除です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。